読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファンタジーと融合した『Total War: WARHAMMER』

今まで戦国時代や中世など歴史をベースとしていた本シリーズですが、『Total War: WARHAMMER』では初めてファンタジー世界を舞台にしました。本作に用意されているゲームモードは4つで、各勢力を操り勝利条件を達成する「キャンペーン」、「WARHAMMER」のヒストリカルな戦いを楽しめる「クエストバトル」、戦闘部分だけを楽しめる「カスタムバトル」、プレイヤー相手に戦う「マルチプレイヤーバトル」が用意されています。


敵の射撃を防ぐために盾を構えて前進するオーク

中世的な世界観に魔法やドラゴンなどのモンスターが登場し、戦いを繰り広げる『WARHAMMER』は『Total War』シリーズとの親和性が高いという印象。実際にプレイしてみても、これまでの歴史をテーマにしてきたシリーズの良いところを継承しつつ、上手くファンタジー作品に昇華させており、新たに登場した魔法や飛行ユニットという要素が戦闘パートのスパイスとなって、ゲームの面白さを際立たせていると感じます。


爆撃に向かうDwarfのジャイロボンバー

現時点で本作に登場する勢力はDLCも含めて5つ。人間の勢力であらゆる兵種が揃ったバランスのいい「Empire」。小さい体躯ながらも卓越した身体能力を持ち、騎兵ユニットはいないもののジャイロコプターなどの優秀な兵器を持つ「Dwarf」。ゴブリンとオークが中心で部族の結束が高く、獰猛な魔獣やジャイアントを使役する「Greenskin」。死者の軍勢を率い戦いでは決して退くことが無い吸血鬼勢力「Vampire Count」。そしてDLCでの追加勢力として登場する、世界に破壊をもたらす凶悪で強力な混沌の勢力「Chaos Warriors」。これら5つの勢力は、それぞれの特徴的なユニットのほか、例えば「Vampire Count」の戦場で死んだユニットを即座に自軍ユニットに加える「Raise Dead」といった、戦略部分でも特徴的なシステムを持っており、勢力ごとに違ったプレイフィールを楽しめます。

ツリーオブセイヴァー RMT